トピックス 一覧

2014年04月15日 金森由樹さん

金森由樹さん(昭和44年卒)が 4月13日の秋田さきがけ新聞に紹介されました。
JQA(一般財団法人日本品質保証機構)で環境ISOの審査あたっていらっしゃいます。

記事に登場する「ISO14001」は、環境マネジメントシステムの仕様(スペック)を定めた規格であり、そのISO認証を取得するということは、社内的に環境意識を意識付けるだけでなく、対外的にも環境に対して取り組みを行っている企業であるということを証明することになります。

カテゴリー
本部より
掲載日
2014-04-15

2014年03月01日 平成25年度 第66回卒業式

3月1日、午前10時から、平成25年度第66回卒業式が行われました。
3月らしい、暖かな天気の元、309名の3年生が母校を巣立ちました。
卒業生代表から、3年間「おのれをおさめて」きたので、これからは「世のためつくす」、社会人としてがんばるという決意が述べられました。秋田・日本、いや世界で、世のためつくす人材として活躍するでしょう。

カテゴリー
本部より
掲載日
2014-03-01

2014年02月28日 平成25年度 同窓会入会式

今年も早いもので卒業式の季節となりました。
卒業式に先立って、今日は同窓会入会式が行われました。

今回の激励者はSING代表・(株)武内印刷の武内伸文さん(平2卒)です。
大学卒業後、東京で8年間の経営コンサルタントを勤めたのち、サスティナビリティの研究のためイギリス滞在。約2年半後、帰国、秋田に帰郷し、「環境にやさしい豊かな社会を次世代に」ということで、【SiNG】という活動団体を立ち上げ、次世代につながる、環境にやさしい、豊かな社会づくりを目指してらっしゃいます。「わらしべ貯金箱」や「ベロタクシー」など、さまざまな社会活動を行っています。
秋高同窓会でも、広報委員会の委員として、ここ3年の同窓会だよりの制作に携わってくださっています。

今回はイギリスで体験した、日常となっている社会奉仕活動について、それからふるさと秋田にもその経験を生かしていき、秋田をより身近に、より秋田に関心を持ってもらえるようにしていきたいとのお話でした。
そして、何をするにも「目標」「大義」を持って行動してほしいということでした。
武内伸文さん、ありがとうございました!

最後は同窓会から新入同窓会員へプレゼント。
今年も記念品は秋高オリジナルのUSBメモリと校章入りさくら「どら焼き」でした。USBには、校章と「おのれをおさめて世のため尽くす」という校歌の一節が入っています。佐野副会長から、卒業生代表に贈呈されました。

カテゴリー
本部より
掲載日
2014-02-28

2014年02月17日 進藤孝生氏の記事

最近の秋田さきがけ新聞などに掲載されていた、新日鉄住金次期社長の進藤孝生氏(S43卒)の記事をまとめてご紹介させていただきます。

・2014年1月26日 秋田さきがけ こだま
 「日本経済を背負うリーダー」
・2014年1月26日 秋田さきがけ 1面
 「技術力の向上や地域とのつながりを大切に」
 「海外市場の成長を取り込み新たな雇用創出を」
・2014年2月16日 秋田さきがけ 本県で講演
 「練習は不可能を可能にするという言葉を信じて」
・2014年1月27日 週刊ダイヤモンド 人事天命

カテゴリー
本部より
掲載日
2014-02-17